ララリパブリック葉酸サプリ

先天性障害について

葉酸サプリを摂取する大きな理由は生れてきた赤ちゃんの障害を防ぐためです。

葉酸摂取は厚生労働省で推奨しているだけでなく、母子手帳にも記載されています。

障害を持って生れてしまうと、一生そのハンデを持たなければいけません。

なぜ障害が発症してしまうのか?

妊娠初期はお腹のなかで胎児が細胞分裂を日々繰り返しています。

この細胞分裂の回数が少ないと先天性の障害を持って生れてしまいます。

葉酸はこの細胞分裂を促進させる効果があり、妊娠初期には1日400μg摂取する必要があります。

葉酸400μgは食品だと相当な量であるため手軽なサプリがおすすめなんですね。

ここで問題となる先天性の障害ですが、いったいどのような症状なんでしょうか?

これから先天性障害である

・無脳症

・二分脊椎症

・ファロー四徴症

3点を説明します。


無脳症について

妊娠初期に胎児の体のなかには神経管という部分があり、これが後に脳と脊髄になります。

無脳症は神経管の上部の発達が未熟だった場合に発症します。

上部は成長すると脳になるため、脳の部分に障害が出てしまいます。

具体的には脳の一部が欠損して生まれてしまいます。

脳は人間の体全体に指令を出す重要な部分であるため、出産後そのまま死んでしまうことも多々あります。


二分脊椎症について

二分脊椎症は神経管の下部の成長が未熟だった場合に発症します。

これは生れた時に下半身に障害が出てしまいます。

具体的には歩行障害や下半身に近い内臓である膀胱と腸が機能しないため、排尿障害や排便障害が起きてしまいます。

しかも水頭症や学習障害などの合併症を起こす可能性もあり、ケアに関しては内科、小児科、泌尿器科など長期間あらゆる医療で総合的にケアしなければいけません。


ファロー四徴症について

ファロー四徴症とは生れた時に心臓内の肺動脈と大動脈の2つの血管を分ける壁に異常が起きてしまい発症する障害です。

症状は酸素の低い血液が流れてしまうため体内が酸素不足になってしまいます。

治療は心臓外科手術を行いますが、小さい体で大きな手術をするとなると母としてはとても心配になりますよね。


先天性障害のまとめ

先天性障害について

・無脳症

・二分脊椎症

・ファロー四徴症

この3点から説明しました。

この先天性障害を防ぐために妊娠初期の葉酸摂取は重要です。

また葉酸サプリによって効果が全然異なるので妊娠を考えている夫婦は摂取だけでなく、どの葉酸サプリにするかもしっかり考えなければいけません。

これは全て元気な赤ちゃんを産むためなので、決して手を抜かないでください。



TOP PAGE